潮吹穴

潮吹穴は、浄土ヶ浜の北、日出島地区と休暇村陸中宮古の間の海岸にあります。潮吹穴の岩の下は海食洞(波の浸食でできた洞窟)になっていて地上につながっています。穴の上面は、長さ2.5メートル、最大幅65センチの紡錘形をしています。

大きな波が打ち寄せると、波の圧力に押されて海水が地上に吹き出します。吹き上げる潮の高さは、波の高低によって差がありますが、特に波が荒く、北東の風が強い時には30メートルにも達し壮観です。

住所岩手県宮古市崎鍬ヶ崎
アクセス宮古駅からバス(休暇村行)で25分 『潮吹穴入口』バス停下車徒歩約20分
宮古駅から車にて駐車場まで20分(約9km)
駐車場乗用車20台(大型バス可)
その他昭和14年9月7日 国指定天然記念物

こちらの記事もよく見られています

自然 / 景観

閉伊川

国道106号沿いを流れ、宮古湾に注ぐ川で、支流も多い。春から秋にかけてはイワナ、

キャンプ場

バンガロー村

タイマグラキャンプ場と川を挟んだ場所には、木立ちの中にケビン1棟、バンガロー5棟

三陸ジオパーク

本州最東端トドヶ崎見学

姉吉漁港からトドヶ崎まで船でクルーズ。トドヶ崎の景観を洋上から見学できます。また

他のジャンルを検索

Facebook